江東区有明のハラスメント対策・助成金・労務コンサルが強みの女性社労士が10,000円/月から貴方のニーズにお答えします!丁寧・スピードに定評あり
  • アメブロはこちら
  • フェイスブックはこちら
  • Instagramはこちら

リモハラについて

2020年6月1日にパワハラ防止策が施行されました。これにより、中小企業におきましては2022年4月1日から職場でのパワハラ対策が義務化されます。

今回のコラムでは、このパワハラの中でも、コロナ禍において取りざたされている「リモハラ」に焦点をあてます。

在宅勤務が定着してきた今、新たなハラスメントとしてご相談が増えているのが「リモハラ」でございます。

自宅だから、職場ではないということで、考えてしまいがちなのですが、自宅も「労働者が働く場所」として立派に職場を指します。

具体例としては

「自宅にいるからのろのろ仕事をしているんじゃないよ!徹夜して仕事しろ!」とか「お前の家のWi-Fiは遅すぎて仕事にならねえ!はやくしろ!」といった威圧的な態度もリモハラに該当する恐れがあります。

また、「その後ろに写っているベッドでいつもねてるの?」といったリモートセクハラもあげられます。

 

これらの対応策としては、企業がすべきことは

1事業主の方針の明確化およびその周知(こういうのは×なんだよ、ときちんと示してあげること)

2相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備(会社外に社外ハラスメント顧問などを設置したり、ハラスメントの教育を従業員にするなど)

3職場におけるハラスメントの迅速かつ適切な対応

4相談者、行為者のプライバシー保護、不利益取扱の禁止

5事業主や役員もハラスメント問題に対して関心をもつこと

 

 

の5原則がリモートでない、普通のパワハラセクハラ同様に必要な態度となりますね。

 

リモハラは、リモートというコロナ前までやっていなかった労働環境においてのとまどいから生まれるものもあったりします。

 

当事務所では、パワハラ、セクハラ、リモハラ、全てご相談いただいたら一緒に事業主様と考えるべく体制をとろうと常に準備しております。

 

困ったときは専門家に御相談いただければ幸いです☆

 

最新記事

  • 浜松に毎月出張でいくのですが、車窓からの富士山がすごくキレイ   今日も仕事、頑張りましょう!  

    日本の車窓から

  • 音声心理士のながわみほさんに、声診断をしていただきました!   声で私の性格や考えグセなどがわかるとのこと。   私は行動的で、共感力がたかい、が、色々空気は読むタイプだが、余計なことまで邪推する、と …

    声診断をやりました

  • プライベートで新宿に用事があり、きてみた。 帰りにお腹がすき、ミロードをウロウロしてたら、ロシア料理やさん発見!     ロシア料理といてばピロシキにボルシチにつぼ焼き★   今日はボルシチ …

    ロシア料理♪